ABOUT スタッフ紹介

僕はスタッフみんな家族だと思っています。僕はお兄ちゃん。

吉田弦矢/オーナーフォトグラファー

こんにちは、イナバフォトスタジオ・オーナーフォトグラファーの吉田弦矢です。

祖父の代からイナバフォトスタジオは、ずっとこの街と共に歩んできました。今は仲間とともに、僕の目指す写真館を運営することができ、毎日が幸せです。

と言っても、僕はずっと写真の仕事をしていたわけではないんです。写真の道に進んだきっかけは、財布の中に入っていた1枚の家族写真でした。

昔むかしの前職時代、とてもつらい出来事が起こりましてね…
(…何が起こったのかは、長くなるので割愛します笑)

その当時、意識して財布に家族写真を入れていたわけではないんです。母がカードサイズに仕上げた家族写真を「持っておきなさい」と言って僕に持たせていました。

不思議なもんで、「もう無理かなぁ…」と思ってたのに、なんとか難局を乗り越えることができました。

まさか、特に意識していなかった家族写真がこんな形で僕を守ってくれるとは思っていませんで。そのことがきっかけで、家業を継ぐことに決めたんです。

当館で仕事を始めてしばらくたった頃、お客さんに僕が撮影した写真をスライドでお見せしていた時のことです。スライドを見ていたお客さんが、全員泣いていたんです。自分たちの家族写真を見て、みんなが泣いていたんです。びっくりしました。驚きと同時に「この仕事ってこんな出来事に出会えるんだ!」と感激しました。

それから、撮影に来られたご家族に、もっと満足いただけるサービスをしたい!この写真館に来て良かったと思っていただきたい!という思いが強くなり、僕たちは撮影に来られる家族の「幸せな時間」に、より磨きをかけ、より輝いた「すてきな思い出」をつくるお手伝いがしたいと考えるようになりました。そのために、イナバフォトスタジオのスタッフはいつだって笑顔でいてほしい。

僕は、家族写真を撮りに来られるお客さんが家族を慕うように、スタッフを家族だと思い接しています。お父さんじゃなくて、お兄ちゃん。僕は楽しいと思ったことをすぐにスタッフを巻き込みたくなっちゃうんです。だからかな、「お兄ちゃんはしょうがないな〜」という扱いです(笑)

僕たち家族のようなイナバフォトスタジオに遊びにきてくださいね!うちの家族全員で「すてきな思い出づくり」のお手伝いさせていただきます。お客さんと僕たちは親戚のような親しみのある関係になりたいと思っています。

因幡明弘/店長

こんにちは。僕はイナバフォトスタジオで店長・カメラマンを担当しています。

オーナーフォトグラファーの吉田弦矢とは兄弟です。僕が母に渡されたのは家族写真ではなく、カメラでした。なんとなくカメラに触れ始めて、写真をとることが楽しくて大学で探求し今に至ります。

写真を撮るとき、その人、その人たちから感じとれる仕草や空気感から、写真のイメージが頭に浮かぶんです。撮影の時は、レンズ越しにじっとチャンスを待つ。じっと待っていると、自分の頭に浮かんだイメージの瞬間が訪れるんですよ。人がそれぞれ持っている空気感が一番輝く瞬間を切り取ることが僕らの撮影です。

撮影の時に一番大事にしていること。それはお客さんの自然な笑顔を見せてもらうために、仲良くなることと考えています。僕たちがお客さんに残したいのは、写真はもちろんですが「その日の体験」です。

イナバフォトスタジオで体験した撮影体験は、写真を見る度に思い出される「すてきな思い出」になりますよ。

吉田みほ/スタイリスト

こんにちは、衣装・ヘアメイク担当の吉田みほです。吉田弦矢の妻でもあります。楽しいことが大好物な主人に巻き込まれながら、お客さんの魅力的な部分を引き出せるトータルコーディネートを心がけています。

魅力が引き出せるコーディネート、それはお客さんの「好き・嫌い」とは別のお話。その方に合った色、デザインをお客さんと話し合いながら決めていきます。

すてきな衣装に身を包むと、人は自分の知らない新しい表情に出会えることがある。そのための衣装探しでは、トレンドとお客さんからのニーズを合わせたラインナップをテーマに、京都の上質なお着物を見繕っています。

全くお着物に興味がなかったのに、当館の衣装選びを経てお着物が好きになった方がたくさんいるんですよ〜。当館で撮影の際は、ぜひ衣装選びもお楽しみくださいね。

金子田香子/カメラマン

こんにちは、カメラマンの金子田香子です。大学時代に当館でアルバイトをしていたことがきっかけで、そのまま入社し今に至ります。

当館に務め始める前から子どもが大好きなんですが、撮影の経験を積み重ねていくうちに、子どもってかわいい!から、「この子の一番かわいいところ」を撮りたい!という思いになりました。

私は撮影をするお子さんに寄り添いながらかわいい瞬間を狙います。ママが、”うちの子、人見知りが強くて〜”とおっしゃるお子さんには、ゆっくり寄り添って仲良くなる。そうすれば、固かった空気感がほどけて来てかわいい笑顔を見せてくれるようになるんです。

私がそうだったように、お客さんにも当館の雰囲気やあたたかさを気に入ってもらえると嬉しいです。

さいだしょういち/アシスタント

こんにちは〜。さいだしょういちと申します。来館くださったお客さんと、事前の打ち合わせと、撮影時のアシスタントを担っています。

僕はカメラと子ども好きが昂じて、今は当館で夢へのチャレンジをしているところですが、最近まで黒川温泉の旅館で13年間勤めていました。旅館の時に培った接客は今も活かされているところもあるのですが、今は事前の打ち合わせで来られたお子さんと仲良くなるのが楽しくて楽しくて。その子と目線を合わせて、その子の音と重ね合わせるように遊んでいたら、自然と仲良くなれるんです。

撮影の時は、アシスタントとしてサポート。お子さんがいつものように遊んで「いつの間にか撮影追わちゃってた!あれ〜?笑顔の写真がいっぱ〜い!!いつの間に撮ったの〜?」と写真が苦手な子でも、楽しみながら撮影ができるように精一杯遊びます!

矢吹綾/グラフィックデザイナー

デザインを担当してます、矢吹綾です。撮影後の写真セレクトを、お客さんと相談しながら進めたり、セレクトした写真を使ったアルバムやフレームのデザインを行っています。

元々写真にすごく興味があって、大学では写真学科を専攻していました。身内のセレモニーがきっかけで、写真を使ったデザイン制作という仕事の魅力に惹かれたんです。当館での制作は、どれも笑顔がいっぱいのお子さんや、家族写真なのでつくっていてとっても幸せな気持ちになります。

当館のカメラマンが撮影した写真は、どれもこれもその人の笑顔が煌めくものばかり。たくさんのお気に入り写真からアルバム・台紙用の写真を、数枚を選ぶって結構悩んじゃうものなんです・・・。そこで、制作担当の私から、ご希望をお聞きしながらバランスの良い組み合わせをご提案します。

かわいいお子さんが一番映えるフレーム・台紙が出来上がるのを楽しみにお待ちくださいね♪

西村愛/アシスタント

アシスタントの西村愛です。写真と子どもが大好きで、両方に関われる仕事がしたいな〜とずっと考えていたんですよ。それと、○○の吉田が撮った写真を見てこのイナバフォトスタジオって凄くいいな〜と思っていたところ、働ける機会をいただけて今に至ります。

今まで接客業をしてきたので、呼吸をするように人と接してきたんです。でもね、お子さんは一筋縄じゃいかない時もあるんですよ〜。人見知りが強めだったり、写真を撮られることがあまり好きでなかったり・・。そんな時こそ私の楽しみな時間だったりするんです。うちで写真を撮ると楽しいんだよ〜って、お子さんを説得します(笑)

いろんな切り口で笑わせようと試行錯誤してみます。すると、だんだん表情が緩んできて心許してくれてるんだな〜って伝わってくるんです。そのまま着付け・撮影のお手伝いをするんですけど、その時間を一緒に過ごせることが楽しくて仕方ないんです。

成人式のお着物選びも楽しいお仕事のひとつです。撮影される方の一番の希望を叶えてあげられるように、いろいろと相談にのらせていただいてます!

吉田麻衣子/アシスタント

はじめまして!アシスタントの吉田麻衣子です。主にお客さんからのお電話での受付と、写真のセレクトのお手伝いをしています。

私、ずっとイナバフォトスタジオのファンだったんです!ホームページとFacebookで写真を見たり、イベント情報をチェックしてました。

イナバフォトスタジオの写真って、どれも木漏れ日が降り注いでいるみたいな、あたたかさを感じるんです。カチっとかしこまった写真とは違って、お子さんも大人の方もふわっとした表情なんですね〜。また、ワークショップを開催しているところも、いいな〜と思っていて。私も関わりたい〜って願うようになってたんです。

縁があって今はこうして迎え入れてもらいました。ずっと接客業だったので、人と関わるのが本当に好きで、もちろん子どもが大好きで、今本当に充実していて幸せです。

スタッフみんな仲が良くて明るくて壁をつくらない関係なので、お子さんも大人の方もご自身が思っていたよりもずっと、早く打ち解けられるみたいです。もっとイナバフォトスタジオの魅力がお客さんに伝わるといいな。

今日、この時、
この一瞬の表情を写真に